書評

ストレスに弱い人やメンタルが弱い人に読んで欲しい本『ストレスを操るメンタル強化術』

パパまんま
パパまんま
どうも、パパまんま(@papamamma1101)です。

生きてたら嫌な事とか辛い事、思い悩む事が多いと思いませんか?

実はパパまんま、結構なお豆腐メンタルです。

凄く気にしぃだし、なんか言われたらすぐ落ち込むし、結構思い悩むタイプ。

嫁
しかも結構引きずるタイプよね

だから、メンタル強化的な本を探してたんですけど、結構おススメの名著に出会いました。

それが本書『ストレスを操るメンタル強化術』メンタリストで有名なDaigoさんの本です。

Daigoさんと言えばテレビでのパフォーマンスが目立ちますけど、実は超読書家としてかなり有名。

他にもDaigoさんの書いた本も実は沢山あります。

Daigoさんの本は読みやすい本が多くて、普段読書しない人にもおすすめ

それでいて具体的に実践しやすい事も多いんで、本書を読めばメンタルを強くする為に明日から!いや、今からでもメンタルを強くする為に行動出来る事がモリ沢山です!

パパまんま
パパまんま
早速ご紹介していきましょう。
この記事を読んで欲しい人
  • メンタルが弱いと思っている人
  • 落ち込みやすい人
  • ネガティブで悩んでいる人
  • メンタルトレーニング系の本を探している人

【ストレスを操るメンタル強化術】の特徴

読みやすさ ★★★★★(5)
実践しやすさ ★★★★★(5)
信頼出来る度 ★★★★★(5)
タメになる度 ★★★★★(5)
おススメ度 ★★★★★(5)

ストレスを操るメンタル強化術は、「精神論でどうにかしろ!!」みたいな、乱暴なビジネス書じゃありません。

本書は、メンタルが弱い人に、「強くなれ」と要求するような本ではありません。

メンタルが弱い人だからこそ持っているリソースを使って、無理なく強いメンタルを手に入れられるメソッドを提案したいのです。

そのリソースとは、

  • ストレス
  • 失敗と挫折
  • 内向的な性格

この3つです。

つまり、メンタルが弱いからこそメンタルを強く出来る。

初めからメンタルが強い人に書かれたメンタル強化本なんかじゃないんです。

パパまんま
パパまんま
こいつは楽しみだね

本書を読んで実践して欲しい5つの事

『ストレスを操るメンタル強化術』ではかなり沢山のメンタルトレーニングとか、考え方が学べます。

その中から、パパまんまが実際にやってみて、「これは人にも勧めたい!」と思った物をピックアップ!

ご紹介していきますよ!

エクスプレッシブ・ライティング

本書で最初に紹介されるストレスの対策方法が『エクスプレッシブ・ライティング

嫁
なんなん?それ?

エクスプレッシブ・ライティングは紙とペンを用意して、自分の気持ち、感情を全てその紙に書き出すだけ。

どんな事が起こって、どんな気持ちになったか。

誰かに愚痴を言うイメージで、自分の気持ちを全部紙にぶつけるんや!

失敗しちゃった…。泣きそう。
もう仕事辞めたい・・・。
あのクソ部長!!タヒね!!

これだけで、気持ちがかなり軽くなります。

パパまんま
パパまんま
誰に見せる訳でもないし、言葉も選ばないで良いのはメリット。

他にも、エクスプレッシブ・ライティングする事によって

  • スルースキルが高くなる
  • 自分を客観的に見れる様になる
  • 面接に受かりやすくなる
  • ストレス耐性が上がる

なんて効果もあるわけなんです!!

ほんで、エクスプレッシブ・ライティングの何が良いって、お金も手間もかからないところ。

詳しくは、別にエクスプレッシブ・ライティングの記事も書いてるんで、そっちを見てやって下さい。

エクスプレッシブライティング
エクスプレッシブ・ライティングでストレス解消と簡単メンタルトレーニング 現代社会には兎にも角にもストレスがつきもの。 イライラする事やモヤモヤを感じる事も沢山ありますよね? そんなストレス...

価値観の日記

ストレスに弱いとか、メンタル弱い人って、『自己肯定感』が低い人が多い印象があります。

パパまんま
パパまんま
パパまんま自身もそう。

自己肯定感が低いから過剰に自分を責めたり、どうせ無理とか諦めたり、めちゃくちゃヘコミやすかったり。

自己肯定感の低くなる原因の一つとして、何か問題が起こった時に自分を責める、つまり『自己否定』癖があります。

なんで私あんな事いっちゃったんだろう・・・
俺がもっと上手く出来ていれば・・・
私って本当に自制心がないよな~・・・

ついつい自分を否定してしまうから、自己肯定感が低くなっていく。

だったら逆に、自分を肯定してあげましょうよ!って話なんです。

パパまんま
パパまんま
その為に本書でおススメされているのが『価値観の日記』

ここでちょっと質問です。あなたの人生の中で大事にしている事、もしくはこれから大事にしていきたい事ってなんですか?

家族との時間?自分の成長?お金?

人によって色々ありますよね。

自分の大事にしている事、つまり価値観をはっきりと意識して、今日自分はその為に何をしたか?というのを日記に付けるんです。

パパまんま
パパまんま
別に大きな事をしなくても大丈夫

例えば、お金を大事にしたいんだったら『コンビニで無駄に買い物しそうなのを我慢した』とか、『副業についてネットで調べた』とか、その程度でも良いんです。

大事なのは『何をしたか』じゃなくて『何かしたという事実』の方。

自分が目標に対して行動している事が、自分を肯定するための材料になります。

パパまんま
パパまんま
もう一つ、効果的な方法があるよ。

もし余裕があれば、それにプラスして今日の自分の良かった事(スリー・グッド・シングス)も日記にしてみましょう。

これだけで、比較的すぐに自信が高まるのを実感できます。

嫁
でも、日記を付けるのってちょっと面倒

日記付けてる余裕が無いなら、スマホのカレンダー機能を使いましょう。

寝る前にカレンダーアプリを開いて、『価値観の日記』と『スリー・グッド・シングス』をメモするだけなら10分もかかりません。

パパまんま
パパまんま
これなら簡単に出来るで
褒め日記
自信のない人におススメ!自信の簡単な付け方【褒め日記のすゝめ】 自信の無い人からすると、自信満々に振舞ったり意見をハキハキ言える人、ちゃんと自分の主張が出来る人を羨ましく感じてしまうことも多々...

失敗の捉え方を変える

失敗が好き!って人はあんまりいないと思います。

でも、色々な成功者の話を聞いたり本を読んだりすると

もっと沢山チャレンジして沢山失敗しろ
失敗は自分を鍛えるチャンス
失敗するからもっとチャレンジしたくなる

みたいなことを言ってきますよね?

でも、そんな成功者の話を聞いていて、思う事があります。

パパまんま
パパまんま
いや、メンタル強ぇな!

そんな風に強く思える人はいいですけど、やっぱり過去の失敗がトラウマになってて、行動するのが怖くなる事ってありますよね?

本書では、過去の失敗で行動出来なくなる人は、失敗の記憶との『付き合い方』が間違っていると言っています。

一体何が間違っているかと言うと、失敗した事実では無く、失敗した時のネガティブな感情を思い出しているんです。

例えば、ミスをして上司に叱られたときの「申し訳ない。もう死んでしまいたい」という感情を、まるで今その場にいるかのようにリアルに思い出してしまっている。

それではつらくなるのも当然ですし、「もう二度とあんな思いはしたくない」と感じてしまうのも当たり前です。

パパまんま
パパまんま
確かに!それはある

パパまんまも、フッと昔の失敗が頭を過り、その時の恥ずかしさとか悔しさを思い出しては悶絶してしまう事がよくあります。

では、一体どのようにして対策すればいいんでしょうか?

失敗の記憶を思い出して過去の感情を反芻しそうになったら、失敗した時の事実を思い出すようにしましょう。

上司に怒られたときの気持ちを思い出すのではなく、「取引先に連絡する時に、メールで間違った納期を伝えてしまった。結果的に納期を守れず、顧客を怒らせただけでなく、社内の各部署に緊急対応をお願いすることになって迷惑をかけた」という事実を思い出すのです。このときに、事実を紙に書き出してもいいでしょう。

その上で、過去の失敗の事実を、今の感情で再評価するのです。

こうすることで、改めて事実を冷静に受け止め、原因が何か?同対策すればいいのか?という事を考えることが出来ます。

また、事実を客観視出来るので、「あの時はこんな失敗したけど、今別に問題なくやっていけてるもんな~」と認識することも出来るんです。

パパまんま
パパまんま
あの時のワイは若かったな・・・

一度、過去の失敗を冷静に俯瞰してみてはいかがでしょう?

記録を取る

突然ですが、あなたの初恋ってどんな恋でしたか?

ちょっと思い出してみてください。

 

 

 

 

 

どうです?思い出しましたか?

成功したか失敗したかは別として、思い出としては素敵なものだったんじゃないかな?と思います。

そんな思い出に水を差す様で申し訳ないんですけど、実は人間の記憶には、都合の悪い記憶は消えて、覚えておきたい記憶だけが残るという働きがあるんです。

パパまんま
パパまんま
じゃあ彼女との素敵な思い出ももしかしたら・・・?
嫁
今大事なんはそこちゃう!

何が言いたいのかっていうと、人間は過去を正確に思い出す事が苦手です。

だから、本書では行動の記録をとる事が重要だと言っているんです。

失敗や挫折を活かすためにすべきこと、というと、一般的には「振り返って反省点を考えること」や「失敗をしっかり心に留めておくこと」が大事だとされています。

確かにそれも悪くはありませんが、一番大事なことがそれ以前にあるのです。それが記録をとることです。

何かを行動した時に、失敗を失敗のままにしておくと、それはトラウマになったり、ずっと心に後悔を残してしまう可能性があります。

でも、失敗を乗り越えて成功することで、それは自分の成功体験になります。

そして、失敗や解決の記録を付けることによって、

  • 自分がどんな時に失敗しやすいか?
  • 自分はどんなことが苦手なのか?
  • 自分の失敗パターンはどうすれば解決出来るか?

というモデルが出来るんです。

だから、次回以降失敗した時にも、それをどう乗り越えていけば良いか分かっているから、失敗に強くなれます。

嫁
でも、いちいち記録付けるの大変そう

たしかに、逐一行動の記録と失敗、改善内容を記録するのは大変です。

でも、自分にとって本当に大事なことだけでも、スマホのメモ機能などを使って記録を取っておくと、それからの人生でかなり役に立つこと間違いなしです。

瞑想する

本書では、おススメのメンタルトレーニングとして『瞑想』が挙げられています。

嫁
瞑想ってちょっとなんかアヤシゲじゃない?

瞑想というと何となくスピリチュアルなイメージがあって、ちょっと嫌な漢字の印象を持つ人もいるかもしれません。

でも、実は最近、瞑想の効果が科学的に認められてきて、色々なところで積極的に取り入れられているんですよ。

パパまんま
パパまんま
あのGoogleもやってるんやで

瞑想をすることで、メンタルトレーニングとしてどの様な効果があるのでしょうか?

瞑想はなぜメンタル強化に役立つのでしょうか。

瞑想は、額の真裏にある脳の前頭葉を効果的に鍛えるトレーニングだからです。

瞑想をしている間、前頭葉には血液が集中します。血液が活発に循環することによって、前頭葉は発達します。

前頭葉は意志力や集中力を生み出し、自己コントロールを維持するという役割を持っています。

どんなに頑張ってメンタルトレーニングをしても、一朝一夕でメンタルが強くなる訳じゃありません。途中でどうしてもくじけそうになってしまうこともあるでしょう。

ですが、瞑想によって前頭葉が鍛えられれば、意志の力が強くなります。

その結果、メンタルトレーニングの途中で折れる事無く、本当に自分が手に入れたいメンタルを手に入れるまで、やり抜く心が作れるんです。

パパまんま
パパまんま
つまり、瞑想でトレーニングの土台を作る訳やね

要は、瞑想はメンタルの基礎体力となるんです。

他にも、瞑想には

  • ダイエット
  • 睡眠の質向上
  • 疲労回復
  • 自己嫌悪を減らしてくれる
  • ポジティブ思考が身に付く

などの副次的な効果もあるので、ぜひともやっておきたいメソッドですね。

嫁
でも、瞑想なんてやったこと無いで

本書では、瞑想をやった事が無い方の為に、基本的な瞑想を含む5つの瞑想をご紹介しています。

5種類の瞑想
  • 呼吸瞑想
  • 歩行瞑想
  • ボディスキャン
  • 慈悲の瞑想
  • ヴィパッサナー瞑想
嫁
瞑想ってそんなに種類があるんやね

その時の状況や、あなたの精神状態に合わせて、どの瞑想をやるか選ぶ事も出来るので、どんな時でもメンタルを鍛える事が出来る!

これが瞑想の良い所ですね。パパまんまもこの本を読んでから瞑想に取り組んでいますが、マジで集中力UPしましたよ。

お試しあれ。

【ストレスを操るメンタル強化術】まとめ

では改めて、パパまんま的本書の評価表を

ドン!

読みやすさ ★★★★★(5)
実践しやすさ ★★★★★(5)
信頼出来る度 ★★★★★(5)
タメになる度 ★★★★★(5)
おススメ度 ★★★★★(5)

総括としては全体的に読みやすい本で、内容もとてもわかりやすかったです。

本を読むのが苦手な人に自信を持っておススメ出来る一冊ですね。

また、メンタリストのDaigoさんらしく、心理学の知識や脳の仕組みなど、科学的な根拠も随所にちりばめられており、内容も信頼出来る物でした。

実践についても、わかりやすく・実践しやすい形で提示してあるので、とても参考になります。

パパまんま
パパまんま
メンタルの強さなんて、実践しなきゃ変わらないからね

全体的に凄くおススメ出来る本でしたよ。

本当におススメなので、ぜひ一度読んでみてください。

それでは!