スマホ

ドコモ新プラン【ギガホとギガライト】結局それっておトクになるの?元携帯販売員の視点で解説してみる

ドコモの新プランギガホ・ギガライトホントにおトクか計算してみた

2019年4月15日、ドコモさんからついに発表がありましたね!

新プラン【ギガホとギガライト】

でもさー、スマホのプランって難しくて何だかよくわかんないし、結局ホントにおトクになるの?って感じじゃないですか?

ちょっと遅ればせながら、元携帯販売員らしくお客様に説明するつもりでわかりやすく解説していきましょう。

この記事を読んで欲しい人
  • ドコモユーザーで新プランが気になっている人
  • ドコモに乗り換えを検討している人
  • おトクなプランを探している人
  • 「スマホって難しいからわからない」と思っている人

ドコモの新プラン【ギガホとギガライト】はおトクになるの?

まず、結論からお話しておこうと思います。

今回ドコモさんから出た新プラン、【ギガホとギガライト】はかなりおトクなプランだと言えるでしょう。

ですが、全員がおトクになる訳じゃなくて、おトクになる人、ならない人がいます。

それぞれの特徴をお伝えすると

  • 機種代金の支払いが終わっている人
  • ガッツリ使える30ギガが魅力的に感じる人
  • 機種代金の分割が残っている人
  • かなり大人数でシェアパックを組んでいる人
  • 他社からの乗換(MNP)でスマホ本体代金0円で手に入れた人

と、いうことで、ここから先は『おトクになる例・ならない例の根拠』として料金計算などを行っていこうと思います。

ただ、その前に、今回の新プランの特徴をまだよく理解されていない人向けに、【ギガホとギガライト】ってどんなプランなのか?という事を解説させてもらいますね。

「そんなもんもう知っとるわい!」ってかたはここをクリックして料金計算までジャンプしてください。

ドコモ新プラン【ギガホとギガライト】特徴は5つ

ドコモの新プラン【ギガホとギガライト】の特徴は、大きく分けて5つあります。

ギガホとギガライトの特徴
  1. ヘビーユーザー向けの30ギガプラン【ギガホ】
  2. 使った分だけ!の節約プラン【ギガライト】
  3. 家族でまとめておトクになる【みんなドコモ割】
  4. ネットとセットでおトク!新しい【ドコモ光セット割】
  5. 【月々サポート】と【シェアパック】の廃止

どれもかなりのボリュームなので、一つずつわかりやすく解説していきますね。

ヘビーユーザー向けの30ギガプラン【ギガホ】

まずは今回新プランの目玉であろう【ギガホ】から。

基本料金 6980円※1
データ利用量 30G※2
電話代 有料(20円/30秒)※3

※1 最初の6ヶ月間は1000円割引
※2 30ギガ使い切った場合、最大通信速度1Mbps
※3 有料オプション(700円/月 で5分間かけ放題、1700円/月 でかけ放題)あり

月額基本料金は6980円と少し割高ですけど、30ギガあればかなり使えますね。

ギガ数を考えると中々おトクだと思います。

嫁
家にwi-fi無い人には良いかも

特に、ギガ使い切って速度制限かかっても、最大1Mbps出るのは凄いです。

通常のスマホの速度制限状態が最大128Kbpsなので、8倍の速度。

この1Mbpsって速度は、標準画質ならYouTubeなどの動画も見られる速さです。

パパまんま
パパまんま
電波状況さえ良ければ、速度制限かかっても動画観れる可能性がある訳ね。

まさにヘビーユーザー向け!

ただし、通話は有料オプション付けないと家族以外通話代かかるから注意してください。

使った分だけ!の節約プラン【ギガライト】

続いて節約プランのギガライト。

このプランは最初から「〇〇ギガ」って決めておくんじゃなくて、「1ヶ月終わった時点で実際に何ギガ使ってたか?」という利用量に応じて料金が変動するシステムです。

使用データ量 基本料金
〜7G 5980円※1
〜5G 4980円
〜3G 3980円
〜1G 1980円
電話代 20円/30秒※2

※1 7Gを超えた場合、通信速度最大128Kbpsに制限
※2 電話はギガホと同じく有料オプション(700円/月 で5分間かけ放題、1700円/月 でかけ放題)あり

ギガライトはギガホと違って、あまりスマホを使わない人や、使ってもwi-fi環境がある場合のみという方にオススメ。

wi-fi以外での通信が毎月5Gを超える!という人はギガライトよりギガホを検討した方がいいかも知れませんね。

嫁
自宅にwi-fiあるならこっちで良いかも

とにかく、少しでも料金が安い方が良い人は、ギガライト一択です。

家族でまとめておトクになる【みんなドコモ割】

今回のドコモさんのプランはこの【みんなドコモ割】が画期的でした。

みんなドコモ割とは?

家族で自分を含めて2台以上ドコモのスマホがある場合、家族の全スマホに割引が入る。

  • 割引金額は2台(自分+誰か1人)で、1台あたり500円
  • 3台以上(自分+誰か2人以上)で、1台あたり1000円

※家族であれば支払い・名義が違くても対象
※4台以上でも割引金額は1,000円/1台

今まで、au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアは、家族割を組んでも金額的な割引は無く、家族間の通話が無料になるだけでした。

それが今回、家族でまとめることによって割引が出来るようになったんです。

パパまんま
パパまんま
これマジで画期的

もちろん、家族間の通話が無料という内容は継続のまま。

俄然家族でまとめる意味が出てきましたね。

ネットとセットでおトク!新しい【ドコモ光セット割】

スマホがauなら家のネット(wi-if)もau。スマホがソフトバンクなら家のネット(wi-if)もソフトバンク。

と、いうように、ネットとスマホを同じ会社でまとめるとおトクになります。

もちろん、ドコモにも今まで光セット割はあったんです。

あったんですが・・・。

パパまんま
パパまんま
割引内容がショボかったんや

ライバル会社のau、ソフトバンクは、家庭内のスマホ全てが割引対象でした。

でも、ドコモのセット割だけは、代表となる1回線しか割引が無かったんです。

ギガホとギガライト適応前のドコモのセット割イメージ図

しかし、今回のセット割は、au・ソフトバンクと同じ様に家庭内の全てのスマホが割引対象。

ギガホとギガライト適応後のドコモの光セット割イメージ

今までドコモの弱みだと言われていた部分が解消されました。

ちなみに、1回線あたりの割引金額は以下の表にまとめています。

利用プラン 割引金額(税抜き)
ギガホ(30G) 1,000円/月
ギガライト(~5G・~7G) 1,000円/月
ギガライト(~3G) 500円/月
ギガライト(~1G)

【月々サポート】と【シェアパック】の廃止

光セット割とは逆に、ドコモの強みを投げ捨てたのがこの【月々サポート】と【シェアパック】の廃止ですね。

月々サポートとは?

スマホの本体代金が発生している(24カ月)間、通信費(基本料金など)から一部値引き値引きをする事で、端末の負担を安く抑える割引。

ちょっと昔までは大手3大キャリア全てが月々サポートの様な割引をだしていたんですが、端末料金の完全分離化に伴って、徐々に廃止する会社が増えてきました。

現在この割引を実施しているのがドコモだけだったんですが、今回新プラン導入によって完全廃止の方向に進むようですね。

パパまんま
パパまんま
割引が無くなるのは残念ね

そして、ドコモのもう一つの強みがシェアパック。

シェアパックとは?

家族の中で代表回線だけが『○○ギガ』というデータ契約をして、代表以外の子回線はそのデータを全員でシェアする方法

auやソフトバンクは個人個人でデータ契約をしますが、契約の最低容量はどうしても1ギガ以下にはなりません。

でも、専業主婦の方だったり、家の中以外でスマホを使わない人は、データ利用量が1ギガ未満だって人もいますよね?

嫁
私もそんな感じやで

そんな時に、シェアパック利用者はより少ないギガの契約で使う事が出来たんです。

シェアパックと個別プランのイメージ図

しかし、今回のギガホとギガライトの登場により、新プラン利用者はシェアパックが使えなくなってしまいました。

この部分が利用料金にどう影響を及ぼすか?という部分が、お得になるかどうかを分けるキーポイントになるのではないでしょうか?

パパまんま
パパまんま
シェアパックの代わりに家族まとめて割が出てきた感じかな?

新プラン【ギガホとギガライト】で料金はいくらになるの?

はい、グタグタとした説明はここまでにして、実際に料金の計算をしてみましょう。

人によって様々なプランがあるので、ここではケーススタディ的に、『こんな人はいくら』というお話をしていきます。

CASE1:シェア無し単独、ギガホ、5分かけ放題

最近はwi-fiが元からある賃貸物件も増えて来ましたが、大学生や社会人などで一人暮らしをしている方の中には、wi-fi環境が無い人もまだまだいますよね。

自宅にwi-fi環境が無い人は、結構な確率でギガホを選択するんじゃないかな?と思います。

なので、単独利用・ギガホ・5分カケホという組み合わせは結構頻出パターンだと思うのです。

それで試算すると、月額の利用料金は、最初の半年間月々『7,216円~』
※ただし、端末代金・修理保証などのオプション・dtvなどのコンテンツ・通話時間5分を超過した場合の電話代金などなどは除外

新プラン(ギガホ)
基本料金 6,980円
カケホライト 700円
ギガホ割 ▲1,000円※1
光セット割
消費税(8%) 534円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 7,216円

※ギガホ割適用は半年間のみ

半年が経過すると1,000円の割引が無くなる為、月々『8,296円~』となります。

パパまんま
パパまんま
30ギガあってこの値段なら結構良くない?

ギガホとギガライトが始まる前のプランであれば、20ギガプランで月々『8,642円~』ですから、比較するとかなりおトクであることがわかります。

旧プラン(ウルトラデータLパック)
カケホライト 1,700円
SPモード 300円
データLパック 6,000円
光セット割
消費税(8%) 640
ユニバーサルサービス料 2円
合計 8,642円
嫁
10ギガ増えて料金も安くなるんやな

新プラン『ギガホ』7,216円~(8,296円~)で30ギガ

旧プラン『ウルトラデータLパック』8,642円~で20ギガ

結果:新プランの方がおトク

CASE2:シェア無し単独、ギガライト、5分かけ放題、ドコモ光利用者

自宅にwi-fi環境がある場合は、30ギガも必要無いと思います。

ネット環境がドコモ光だった場合、セット割なども組めるので、その条件で考えてみましょう。

ちなみに、データ利用量は3ギガ未満だったとします。

すると、新プラン『ギガライト』の料金は、月々『4,516円~』
※ただし、端末代金・修理保証などのオプション・dtvなどのコンテンツ・通話時間5分を超過した場合の電話代金などなどは除外

新プラン(ギガライト)
ギガライト(~3G) 3,980円
カケホライト 700円
ドコモ光セット割 ▲500円
消費税(8%) 334円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 4,516円

同条件で旧プラン(ベーシックパック)3Gまでの利用の場合、月々『6,266円~』ですから、月々1,750円も違います。

旧プラン(ベーシックプラン)
カケホライト 1,700円
SPモード 300円
ベーシックパック(~3G) 4,000円
光セット割 ▲200円
消費税(8%) 464円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 6,266円
嫁
結構料金違うやん!

新プラン『ギガライト』~3G=4,516円

旧プラン『ベーシックパック』~3G=6,266円

結果:新プランの方がおトク

CASE3:シェア無し単独、ギガライト、機種代金の分割残あり

単独契約の場合、旧プランのままで使うより、新プランにした方が絶対におトクなのでしょうか?

実は、場合によってはそうでもないようです。

例えば、機種代金の残債がある場合、旧プランである『ベーシックパック』は前述した月々サポートがある為、機種代金負担が少なく使えます。

しかし、新プランに変更した途端、月々サポートが無くなってしまうんです。

例えば、旧プランであるベーシックパックでデータ利用量は1G未満、機種は最新のiPhoneXSを利用中、電話が5分間かけ放題だった場合の金額を見てみましょう。

この場合、月々のスマホ代は『8,211円~』となります。
※ただし、修理保証などのオプション・dtvなどのコンテンツ・通話時間5分を超過した場合の電話代金などなどは除外

旧プラン(ベーシックプラン)
カケホライト 1,700円
SPモード 300円
ベーシックパック(~1G) 2,900円
機種代金(iPhoneXS64GB) 5,374円×24回
月々サポート ▲2,457円×24回
消費税(8%) 392円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 8,211円

そして、新プランに切り替えた場合の金額が『9,348円~』と、少し高くなってしまいます。

新プラン(ギガライト)
ギガライト(~1G) 2,980円
カケホライト 700円
機種代金(iPhoneXS64GB) 5,374円×24回
消費税(8%) 294円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 9,348円

利用している機種によっても違いますが、機種代金の分割金が残っている場合は逆に高くなってしまう可能性があるので、注意しておいた方が良いでしょう。

パパまんま
パパまんま
詳しくは、ショップとかで一度見積もりしてもらってね

iPhoneXS機種代金有新プラン:9,348円~

iPhoneXS機種代金有旧プラン:8,211円~

結果:旧プランの方がおトク

CASE4:ドコモwith利用中の場合

続いてもう一つ、現在シェア無し単独でも旧プランの方がおトクになる可能性がある物をご紹介しておきましょう。

それがドコモwithです。

ドコモwithとは?

月々サポートが無い代わりに、永年月額料金から1,500円の割引をするプランのこと。月々サポートは基本全機種対象だが24回で終了し、金額も機種によって違う。ドコモwithは対象が一部指定機種に限られるが、次の機種に機種変更するまで永年対象で、金額も一律1,500円

ドコモwith利用の場合、料金にどれくらい差があるか見てみましょう。

まずはドコモwith利用時の金額ですが、機種はAQUOS sense2、プランはベーシックの1ギガ未満で利用、5分間かけ放題を付けた場合、月々『4,997円~』となります。

旧プラン(ドコモwith)
カケホライト 1,700円
SPモード 300円
ベーシックパック(~1G) 2,900円
機種代金(AQUOS) 1,323円×24回
ドコモwith ▲1,500円
消費税(8%) 272円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 4,997円

同条件で新プランの場合を計算すると、月々『5,299円~』

新プラン(ギガライト)
ギガライト(~1G) 2,980円
カケホライト 700円
機種代金(iPhoneXS64GB) 1,323円×24回
消費税(8%) 294円
ユニバーサルサービス料 2円
合計 5,299円

差額は300円程ではありますが、ドコモwithは永年の割引です。月々サポートの様に途中終了する割引ではありません。

月々サポート対象機種なら、機種代金を払い終えた後に新プラン移行すればおトクになる事もありますが、ドコモwithの場合は永遠に料金差が縮まりません。

現在ドコモwith利用中の場合も、事前にドコモショップなどでしっかりと見積もりをして貰った方が良いですね。

ドコモwith利用の金額(~1G):4,997円

新プラン利用の金額(~1G):5,299円

結果:旧プラン(with)の方がおトク

CASE5:シェアパック利用の場合

今までは単独プランとして考えてきましたが、家族全員がドコモを利用中ならシェアパックに加入しているご家庭がほとんどだと思います。

そこで、シェアパックの料金がどうなるか?という点で考えていきましょう。

設定は4人家族、ドコモ光利用中

設定
  • 父:かけ放題・3ギガ未満
  • 母:5分かけ放題・1ギガ未満
  • 子1:かけ放題無し・3ギガ未満
  • 子2:かけ放題無し・3ギガ未満

ドコモユーザーの家庭でもよく見かける設定ですね。(あくまで個人的な意見です)

この状況で料金はどれくらいかかるでしょうか?

旧プランのベーシックシェア10で組んだ場合の金額は、4人で『18,210円~』
※あまりにも長くなるので、計算根拠はコチラに用意いたしました。

そして、新プランで計算した場合の金額は『8,256円~』
※こちらも長くなる為、計算根拠はコチラに用意いたしました。

こう見ると圧倒的に新プランにした方が良いのでは??と思われがちなのですが、ここでもやはり注意したいのが機種代金。

家族全員が機種代金の分割が終わっている状態なら確かに新プラン移行する方がいいでしょう。

でも家族全員の分割が終わるタイミングが一緒ってあまり無いから、誰かは機種代の分割を払っている状態がほとんどだと思うんです。

パパまんま
パパまんま
特に新しいiPhone使ってる人とか要注意

先程からお伝えしている様に、月々サポートが無くなった為、機種代金の部分が新プランにおける弱点となります。

プラン変更を考える場合は、機種代金をしっかり把握しておくか、ショップなどでちゃんと見積もりを取ってもらいましょう。

旧プラン:18,210円

新プラン:8,256円

結果:機種代金が無いなら新プランがおトク

あと、たまに『家族8人でシェア10にして利用中』みたいな人もいます。

実際パパまんまが携帯販売員だった頃、常連のお客さんでいました。

めったにないケースですが、あまりにもシェアの人数が多い場合は、シェアパックの方がおトクになりやすいですよ。

オマケCASE:端末代金一括0円で使っている人

人によっては、他者(au・ソフトバンクなど)からお乗り換え(MNP)をしたなどの理由で、そもそも機種代金が発生していない人がいます。

新プランの弱点である機種代金が発生していないということは、料金を安くする絶好のチャンス!!

と、思ってしまうかもしれませんが・・・。

パパまんま
パパまんま
ちょっと待つんや!!

あなたのスマホ、もしかして『購入サポート』を使っていませんか?

購入サポートとは?

MNP(他社からの乗換)の特典などで、端末代金を著しく値引きする為に使われる。

場合によっては端末代金0円などもありえるが、その代わり1年以内に機種変更や対象外プランへ変更などがあった場合、『購入サポート解除料』というお金がかかってしまう。

金額は機種や端末利用月数によって異なるが、最大で3万円や4万円を超える場合もある。

もし、あなたのスマホが『購入サポート』によって値引きされて入手したものなら、新プランを適応することによって、かなり高額のお金を支払わなければいけないかもしれません。

嫁
月額料金が下がっても、購入サポート解除料で大損や

あなたの端末が購入サポートを使った物かどうか、ショップなどで確かめてもらいましょう。

ドコモの新プラン【ギガホとギガライト】まとめ

ここまで色々グダグダと書いてきましたが、結局の所言えるのは

ショップか家電量販店で見積もりしてもらえ

です。

正直、ここまで色々なケースで試算してきましたが、ちょっとした条件の違いで料金なんかはいくらでも変わるんです。

  • 機種代金の分割払ってても、その金額によっては新プランの方がおトクな場合もある。
  • シェアパック使ってても、withのある無しや利用機種で変わる事もある。
  • 購入サポートが残ってても、解除料が少なければプラン下げた方がトータル良い場合もある。

パパまんまがご提示したのは、あくまで一つの例でしかありませんからね!

まずはショップか量販店行って、ドコモの専門スタッフに今の自分の状況伝えて、ちゃんと見積もり出してもらってください。

まぁ何にしても、今回始まった【ギガホとギガライト】は5月22日(水)予約開始6月1日(土)から提供開始です。

パパまんま
パパまんま
もうちょっと時間あるからね

なので、それまでの間を利用して、金額を見積もってもらってください。

【ギガホとギガライト】料金計算根拠

先程の料金計算をして解説するなかで、シェアパックの料金解説における計算根拠の表が、あまりにも長かった為、ちょっと別枠でご用意させて頂きました。

下記の表が計算根拠ですので、ご確認ください。

まずは、『旧プランのベーシックシェア10』を利用した場合の料金根拠です。
※元の位置に戻るにはコチラをクリック

旧プラン(ベーシックシェア10)
カケホ 2,700円
SPモード 300円
ベーシックシェア10 9,000円
ドコモ光セット割 ▲1,200円
消費税(8%) 864円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 11,666円
カケホライト 1,700円
SPモード 300円
シェアオプション 500円
消費税(8%) 200円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 2702円
子1
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
シェアオプション 500円
消費税(8%) 142円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 1,924円
子2
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
シェアオプション 500円
消費税(8%) 142円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 1,924円
合計 18,216円

元の位置に戻る

続いて、以下の表は新プラン『ギガライト』を家族で利用した場合の計算根拠です。
※元の位置に戻るにはコチラをクリック

新プラン(ギガホとギガライト)
ギガライト(~3G) 2,980円
通話オプション(カケホ) 1,700円
みんなドコモ割 ▲1,000円
ドコモ光セット割 ▲500円
消費税(8%) 334円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 4,516円
ギガライト(~1G) 2,980円
通話オプション(ライト) 700円
みんなドコモ割 ▲1,000円
ドコモ光セット割
消費税(8%) 214円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 2,896円
子1
ギガライト(~3G) 3,980円
通話オプション(シンプル)
みんなドコモ割 ▲1,000円
ドコモ光セット割 ▲500円
消費税(8%) 198円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 2,680円
子2
ギガライト(~3G) 3,980円
通話オプション(シンプル)
みんなドコモ割 ▲1,000円
ドコモ光セット割 ▲500円
消費税(8%) 198円
ユニバーサルサービス料 2円
小計 2,680円
合計 8,256円

元の位置に戻る